呼吸法 気功研究会

廣川流呼吸法でフレキシブルでパワフルな身体・慢性病の回復を!

廣川流呼吸法

〒371-0047
群馬県前橋市関根町1-8-12
TEL:027-289-9854

 

HOME»  呼吸法 ガイダンス教室 ご案内

呼吸法ガイダンス教室ご案内


 

体験教室はガイダンス教室に
変更させて頂いております。



 

 

呼吸法気功研究会の
「ガイダンス教室」
ここは、気・生命エネルギーの
ワンダーランドの入り口です。
ようこそ!

 

呼吸法 気功研究会の「体験教室」、ここは、気 生命エネルギーのワンダーランドの入り口です。ようこそ!

 

気で人が跳ぶ!?

 

確かに跳びます。

しかし、ほとんどの現代人は、残念ながら、気生命エネルギーを初めから、しっかり感じたり、まして気で身体が躍動して、跳んだりという方は大変まれです。
ただ、先輩達の、呼吸法気功教室での稽古や日常の稽古で気生命エネルギーを高め、躍動する身体をつくれば、その、結果として、気生命エネルギーの交流「練気」で、元気に躍動して、跳ぶ姿は、御覧になれるでしょうし、実感も出来るでしょう。

しかし、それにはある程度の時間が必要です。

 

確かに跳びます。  しかし、ほとんどの現代人は、残念ながら、気 生命エネルギーを初めから、 しっかり感じたり、まして気で身体が躍動して、跳んだりという方は大変まれです。 ただ、先輩達の、呼吸法 気功教室での稽古や日常の稽古で気 生命エネルギーを高め、  躍動する身体をつくれば、 その、結果として、気 生命エネルギーの交流「練気」で、元気に躍動して、跳ぶ姿は、御覧になれるでしょうし、実感も出来るでしょう。しかし、それにはある程度の時間が必要です。

 

気生命エネルギーの交流「練気」の一場面です。


体験教室では気呼吸法の基礎「練気」から学んでいきます。

気生命エネルギーの交流「練気」は、本人にとっては、気生命エネルギーの稽古の「気を捉える」バロメーターでもあります。

気生命エネルギーを捉えると、生命エネルギーの交流の動きの反応は、だんだん、強くなってゆきます。

体験教室を通して、生命エネルギーを生み出す力の向上は、理想的に導けば、5倍、10倍程度でなく、さらに、大幅に向上できるのです。

呼吸による生命エネルギーを生み出す力の向上は私達の「感じて、動く」力の向上に直結しています。自らの生命エネルギーを高め、フレキシブルでパワフルな、楽しい毎日をお送りください。

 

呼吸することはあたりまえすぎて、永い間、科学の対象にならなかった

 

呼吸することは、あまりにも当たり前すぎて、最近まで、科学の対象にならずにいました。
しかし、近年のライフサイエンスの進歩により、細胞の呼吸力を向上させる為のサプリメントの登場(コエンザイムQ10、アルファリポ酸などの登場)、

また、2008年の日本医学総会、
同年の日本呼吸器学会での我が師、西野皓三先生の基調講演など、やっと、今日的、身体理解のキーワードの大事な一つに「呼吸」が登場するように成って来ました。

これから、さらに、この、生命エネルギーの世界は注目されるでしょう。

 

群馬県前橋市(中毛教室)の様子


呼吸法教室の様子

 

呼吸法 気功教室で体験していただくこと

呼吸法気功研究会の体験教室は、
ガイダンスと入会後ににも、
呼吸法気功教室で行っている「基本動作」と呼ばれる約50の身体を緩め、生命エネルギーの循環を高める動きを約、1時間、体験していただきます。

それと、気生命エネルギーを交流する事によって高める「練気」の導入の体験をしていただきます。

この、二つの動きを習得して、日々の生活に中で実践すると身体は少しずつ、生命エネルギーの循環を高めてゆきます。
この延長線上に、呼吸による、生命エネルギーの世界が拡がっているのです。
ある人にとっては身体の不調や病気からの回復であったり、ある人にとっては、気生命エネルギーが高まり、快適な身体から湧き出て来る意欲に支えられた日々の誕生であったり、また、ある人にとっては、若さが蘇る事を実感しながら生きることであったり、さらに、気生命エネルギーが高まれば、気に満ちたゆったりとした、緩んだ身体から、様々な能力の現れるのを、実感されることでしょう。
呼吸法気功研究会の呼吸法気功教室での体験教室の稽古を終えると、身体がポカポカ、温かくなって行くのが感じられるでしょう。
(マイナスエネルギー「ストレス」を沢山、蓄積している人は寒気がする人もまれに、)気生命エネルギーの循環が高まった状態なのです。

 

こんな人は是非体験教室にご参加を!

1.自己の能力を開花させ、発揮したい。

2.「かけがえのない自己」を実感して生きたい。

3.治りにくい病気や不定愁訴を回復させたい。

4.本当に健康な身体を実現したい。

5.さらに高い 能力を発揮して生きたい。

 

自己の能力を開花させ、発揮したい。

 

    自己の能力を開花させ、発揮したい。

 

私達、人間の最大の特徴は、一人一人が、様々な多面的能力を持って生まれて来るということです。

しかし、今日の様な、マニュアル化された社会では、教育機関も含めて、知育、体育にわたり、教育がマニュアル化されてしまうのは仕方のないこと。

ここで言う能力とは、人間、「一人一人が持つ、優れた能力のこと。」
そして、この優れた能力とは、当然、その人の持つ潜在能力のことです。
そして、残念なことに、ほとんどの人は、自己に備わっている優れた能力を発揮せずに人生を終わってしまうのです。

一度だけの人生だけに。何とも勿体なく、残念なことです。気生命エネルギーは「身体を緩める」事により、つまり、私達の呼吸法気功を稽古することによって高める事ができるのです。

気生命エネルギーを身体中に巡らし「基本動作」。

気生命エネルギーを交流すること「気生命エネルギーの交流(練気)」により、向上させることが出来るのです。

気生命エネルギーを向上させ、自己の能力花開かせ、フレキシブルでパワフルな若々しい日々を実現させましょう。

 

「かけがえのない自己」を実感して生きたい。

 

    「かけがえのない自己」を実感して生きたい。

 

「その人らしさ」つまり、言葉を換えれば「かけがえのない自分らしさ」を実感し、生きること。

これは人生のテーマの一つでもあります。このために人は悩み、試行錯誤を繰り返します。

そして、多くは、言葉の世界をただよい、「~になったつもり」になる。
言葉も大事だが、これでは、心身は、ただ、漂い続けるしかありません。
何故ならば、「生きる」という営みは先ず、生きた自分の身体があるということ。
ここから全てが始まるからです。

なかなか頭脳の知を積み上げてきても、感じとることができなかったことが、身体をエネルギッシュに高めることにより感じられる様になります。

気生命エネルギーの足りない身体は苦しいですし、少し迷路に入ると優鬱になります。
しかし、呼吸法気功の稽古が進むと次第に身体が苦しさよりも、快適を感じる様になってきます。

今まで動揺していたような事件にぶつかっても、平気で通り過ぎて行く自分がいることに気付き、
そして、さらに稽古が進むと快適な身体が現れて来ます。
気生命エネルギーの向上した身体は少しずつその人の生きる景色を楽しく、自然な元気色に染めてゆきます。
生きる事は、フィジカル(身体的)にも、メンタル(精神的)にも、キーワードは気生命エネルギーなのです。

 

治りにくい病気や不定愁訴を回復させたい。

 

    治りにくい病気や不定愁訴を回復させたい。

 

原因が不明とされる慢性病や不定愁訴、大変、不安な気持ちと、良い対策はないものか?
やむにやまれぬお気持ちで過ごされいる方もいらっしゃることでしょう。

しかし、原因のない慢性病や不定愁訴などありません。

そして遺伝的なものを除く、ほとんどの病は日々の生活の中で様々な原因によって、自分が作った生活習慣病なのです。

ほとんどの慢性病や不定愁訴は日々のメンタル(精神的)なあるいは、フィジカル(身体的)なストレスの蓄積されたことが原因となる「浅い呼吸」に端を発した「悪い呼吸(口呼吸)」によって、ばい菌を身体内に大量に取り込んでしまう事も原因の一端となっています。
不定愁訴という形で病気の前触れの身体が現れて来る場合も同様です。
生活習慣病、あるいは、慢性病、そして、不定愁訴の回復のキーワードは

気生命エネルギーなのです。

身体は、強いストレスにさらされたり、ストレスにさらされ続けると、呼吸は浅くなってしまうものなのです。

しかし、呼吸法気功の正しい稽古を継続していると、身体はゆっくり、時にスピーディに、気生命エネルギーの循環を回復して本来の呼吸を取り戻してゆきます。

そして、更に身体は、気生命エネルギーの産生(生み出す事)能力の向上を続けます。

身体が気生命エネルギーに満たされ始めると、身体は生活習慣病や慢性病、不定愁訴と次第に決別して、回復への道を歩み始めます。

このスピードは病気の強さ、勢い、と稽古の取り組みによって決まってきます。

この呼吸法気功は伝染性でない慢性病や不定愁訴に強力に作用するのは、
この呼吸法気功によって、慢性病や不定愁訴を克服した経験者の体験集を読んでいただけばお解りいただけるはずです。

(急性、あるいは、末期方は除く。 又、ラジオ体操程度の動きがつらい方、ご相談ください。外気療法、や呼吸法気功療法から、ゆったり、無理せず始めましょう。)

私たちの呼吸法気功を行い、身体に気生命エネルギーが溢れてくると、気がつかないうちに、今まで、苦しんでいた病気や不定愁訴が回復してしまうことになります。

それは、元々私達の身体に備わっている自然治癒力が飛躍的に高まったからなのです。

「自覚症状がきつい不定愁訴、慢性病の方は必ずご相談ください。お体の様子によって導入の仕方が変わります。」

 

本当に健康な身体を実現したい。

 

    本当に健康な身体を実現したい。

 

私達の呼吸法気功は単に健康であるということだけでは満足しません。

真に健康な身体をつくります。

真に健康な身体とは、先ず、良い呼吸(深い外呼吸に支えられ、口呼吸により、身体内にばい菌を取り込まず、)いざというときに十二分の能力を発揮出来、自在に対処できる、健康な身体です。

つまり、一言で言うと、「細胞レベルから活性化された身体」と言うことになります。

これは、「いい呼吸を学び、習得すること」によって実現します。

良い呼吸は、気生命エネルギーを産生する能力を高め、身体の細胞を力強く再生させさせることによって(リモデリング)、活力ある、自在な活動が出来るようになり、疲れにくく、疲れてもすぐ回復し、病気や怪我の回復の早い身体が出来上がります。

気生命エネルギーは、私達の「生きる営み」、無意識に動く身体の動きを大本から支えます。

身体の一能力の向上ではなく、身体が発揮する能力全体を支え向上させるのが、私達の呼吸法気功なのです。

 

さらに高い 能力を発揮して生きたい。

 

    さらに高い 能力を発揮して生きたい。

 

私達の呼吸法気功の稽古がさらに進み、身体が緩むと、気生命エネルギーがさらに強力に巡る身体が現れてきます。

真に元気な身体とは潜在能力がいつでも現れる身体です。

これは、真に細胞レベルから活性化された、フレキシブルでパワフルな身体と言えます。

生きる景色も変わり、「生命の善循環」と言われる楽しい様々な経験も日常の中で現れてきます。

 

目的

ここで、呼吸法研究会の目的についてご説明いたします。
呼吸法とは、より多くの生命エネルギー(気)を産生し、生命エネルギー(気)に満ちた身体をつくるメソッド(方法論)です。身体の能力を向上させるには、対象となる能力に応じたメソッド(方法論)があります。筋力を向上させるには、筋力トレーニング、持久力を向上させるには、持久力のトレーニングという様に、そして、それら身体の様々な能力を、大本から支える呼吸の力、言い換えると、気 生命エネルギーを生み出す(産生する)力を向上させるメソッド(方法論)が呼吸法 気功なのです。
気(生命エネルギー)に満ちた身体をつくるには何が必要か?それはどの様に学ぶのか?
情報レベルのガイダンスと身体に生命エネルギー(気)を巡らす基本中の基本となる動きの習得をしながら、呼吸法気功教室で体験していただきます。

 

カリキュラム概要

では、ここで呼吸法気功体験教室のカリキュラム概要をご説明します。

 

第一週

イ)諸注意
ロ)生命エネルギー(気)の産成をスケールアップするメソッド(方法論)とは?
ハ)細胞の再生について
ニ)呼吸法(気功)の稽古に必要な言葉の説明
ホ)呼吸法を学ぶと何が変わるのか?
ヘ)基本中の基本を学ぶ。身体に気を巡らす。(実習)

 

第二週

イ)質疑(ガイダンスブック、他、実践をとおして
ロ)呼吸法(気功)に必要な言葉の説明(復習)
ハ)呼吸法の様々な側面
ニ)我々の存在の大本にある衝動とは?
ホ)身体の細胞レベルのリニューアル因子とは?  
ヘ)基本中の基本を学ぶ。身体に生命エネルギーの軸をつくる(実習)

 

第三週

イ)身体の細胞レベルのリニューアル、セルラーレボリューションとは?
ロ)身体の細胞レベルのリニューアル、セルラーレボリューションとは?
ハ)基本中の基本を学ぶ。身体に生命エネルギーの軸をつくる    
体幹上部(肩、背中、胸) 体幹 体幹下部(腰)(実習)

 

第四週

イ)呼吸が変われば身体も変わる。生命進化に見る呼吸の変化と自由の獲得
ロ)写真が捉えた呼吸法を学ぶプロセスで起きたこと
ハ)基本中の基本総復習
 ・身体に(気)生命エネルギーを巡らす
 ・身体に(気)生命エネルギーの軸をつくる
 ・身体に(気)生命エネルギーの軸をつくる
  体幹上部(肩、背中、胸) 体幹 体幹下部(腰)(実習)

 

対象

こんな方が対象になります。

 

ラジオ体操程度の軽運動が可能な老若男女

・感染症疾患を除く健康上のトラブルにお悩みの方は申込み時にお話下さい。
・呼吸法気功療法希望の方は体験教室には参加できません。
・気功、呼吸法分野の組織幹部の方の参加はお断りしております。

 

参加費について

4回の稽古で1シリーズ 2,000円(税込)
初回の参加日に2000円(4回分の稽古参加費)を現金でお支払い下さい。
尚、途中解約(キャンセル)の場合は、参加費の返金は一切いたしません。

 

稽古場所

■群馬県 前橋教室

 

【住所】

群馬県総合スポーツセンター ぐんま武道館 第三道場中心
群馬県前橋市関根町800 TEL:027-234-5555

 

【活動日】

水曜日 午前クラス 9:40~12:00
水曜日 午後クラス 13:40~16:00
水曜日 夜間クラス 18:25~20:45
金曜日 午前クラス 9:40~12:00
金曜日 午後クラス 13:40~16:00
金曜日 夜間クラス 18:25~20:45
土曜日 午後クラス 13:40~16:00
土曜日 夜間クラス 18:25~20:45
日曜日 午前クラス 9:40~12:00

 

【定員】

各クラス共 7名

 

10月のガイダンス教室スケジュール

クラス別
開始時刻
ク ラ ス 別 会 場
水曜日 金曜日 土曜日 日曜日
午前 10:00~             1日  本館多ル
午後 14:00~        
夜間 18:45        
午前 10:00~ 4日  第一1/3C  6日  第三1/2A 7日   8日 本館多ル 
午後 14:00~  第一1/3C   第三1/2A   本館第三研  
夜間 18:45~ 本館多ル       
午前 10:00~  11日   13日   第三1/2A 14日   15日  第一1/3C 
午後 14:00~    第三1/2A

第一1/3C  

 
夜間 18:45~

 

     
午前 10:00~ 18日 第一1/3C  20日  第三1/2A 21日   22日
 
 本館第二会
午後 14:00~ 第一1/3C   第三1/2A  第一1/3C   
夜間 18:45~ 本館多ル      
午前 10:00~ 25日  第一1/3C   27日    本館第三研   28日   29日   第三1/2A
午後 14:00~ 第一1/3C   本館第三研   本館第三研  
夜間 18:45~ 本館多ル      

 

※ サブアリーナ レスリング場は、上履き可。
※ 本館 第二・第三研修室は、下履き可。
※ (合)は、3ヶ月以上の会員の方全員が参加できる合同稽古です。(無料)
※ (対)は、午後1:30~指定された方のみの稽古です。

 

第186回2017年 10月 ガイダンス教室

ガイダンス教室は、4回1シリーズ 2,000円で実施しておりますが、
施設の都合で、年数回、4週施設を確保できない月があります。
その場合、振り替え授業を他の曜日・時間の中でお願いしております。

※2017年 10月のガイダンス教室は9月27日(水)までにお申し込みください。

定員がございますので、受付は先着順となります。
申し込み方法は下記のメール・FAXでお願いします。

 

お申し込み方法

お申し込み方法は、郵便番号・住所・お名前・電話番号を明記の上、ハガキ・ファックスあるいはメールでお願いします。
- 宛先 -
〒371-0047
群馬県前橋市関根町1-8-12
呼吸法(気功)研究会 廣川 隆志
TEL:027-289-9854 FAX:027-289-9864
E-Mail:info@kokyuhou-kikou.jp
- フォームでお申し込みの方はこちら -

 

気 呼吸法 体験教室 に参加する

 

稽古時の服装

軽い運動の出来る服装
  
・季節に応じた服装をお願いします。(上履き可)

 

群馬 前橋教室

群馬県総合スポーツセンター

 

【住所】

群馬県総合スポーツセンター ぐんま武道館 第三道場中心

群馬県前橋市関根町800 TEL:027-234-5555

【交通案内】

JR前橋駅北口よりバスで約30分

関越交通バス 前橋営業所 027-231-5857

緑ヶ岡総合スポーツセンター行き

群馬県総合スポーツセンター下車

関越自動車道 渋川・伊香保ICより約15分 駒寄ICより約10分

 

群馬県総合スポーツセンター施設配置図

会費について

入会金 5,000円

 

会費は前納制とさせていただいております。 

月末の最後の稽古日に、翌月の月謝を納めていだだいております。

 

稽古回数 一般 (高校生以上) 中学生以下
週1回 (月4回) 7,000円 4,000円
週2回 (月8回) 11,000円 8,000円
週3回 (月12回) 15,000円 10,000円
週4回 (月16回) 19,000円 12,000円
週5回 (月20回) 23,000円 14,000円

 

体験教室 先輩の声

ここで、気呼吸法気功研究会の体験教室の体験談をご紹介いたします。

 

群馬県前橋市在住 20歳代 会社員

 

「呼吸法気功で潜在能力を開花!」

群馬県前橋市在住 20歳代 会社員

 

20歳の頃から、「人間の未知なる力・潜在能力」にとても興味を持ち、色々な本を読み、また、自己啓発教室にも足を運びました。しかし、なかなか納得いく結果が得られず、何をしたらいいのか?迷路に迷い込んで居る中。地域新聞で見つけた「潜在能力の開花」といううたい文句に惹かれ、呼吸法気功研究会に出会いました。今年(2009)の6月で4年目になりますが、実は始めて一年半位は、あまり、やる気が出ませんでした。何故なら、気の世界は、目に見えなく、成果がわかりにくいので、本当にこれで大丈夫なのか?と不安や心配に陥ったからです。そんなある日、稽古中に衝撃を受けました。先生との気の交流「練気」は、いつも、体に触れて行っていましたが、その日は違いました。身体に触れずに気の交流「練気」を行い、気生命エネルギーを身体が感じ取ることが出来たのです。僕の中に衝撃が走りました。そして、素直に、「すげえ!!」と思いました。そして、「気の世界って、不思議で面白いな。」と感じ始めました。
その日を境に、呼吸法気功の教室以外でも、呼吸法の基本稽古をするようになりました。この時が、まさしく、気の世界に、はまった瞬間です。
気の世界は、やればやるほど、変化を感じられ、先生との気の交流「練気」で自分がレベルアップして行くのを実感出来るので、もう、楽しくて仕方ありません。
今では、一時間の時間が空いたら、「何しようかな?」考えた時、パット思いつく事が「呼吸法気功の基本稽古!」その位、僕の人生の中で、とても大事な事に呼吸法気功はなっています。
ところで、皆さんは、潜在能力の開花について、どんなイメージを持っていますか?僕は「ドラゴンボール」の世界をイメージしてしまうのですが・・・。実はもっと身近な事でした。例えば、走るのが速くなったり、歌がうまくなったり、記憶力が良くなったり、みんな、今まで、水面下に潜んでいた、能力が開花することを潜在能力が開花された、という事なんですよね。僕は呼吸法気功を始めてから、顔の表情が、変わったと言われました。笑顔になったとき、口角が自然に上がる様になりました。そして、笑顔になる回数も、かなり、増えましたね。それによって、周りの人の、私に対する接し方(対応)も変わってきた気がします。良い雰囲気になりましたよ。話し方も変わりましたね。常に丹田を意識しているので、落ち着いて話せる様になりました。人前でも、緊張しにくくなりました。仕事が客商売なので、すごく、自信につながります。自分が変われば、周りも変わってくる!何となくですが、実感出来る様になりました。
まだ、始めて4年! これから、どんなふうに変わって行くのか?どんな潜在能力が開花されるのか?とても楽しみです。
廣川先生、これからも、よろしくお願いします。

 

群馬県 太田市在住公務員 Hさん 50歳代

 

私の体験教室何があっても、とにかく楽しい!!

群馬県 太田市在住公務員 Hさん 50歳代

 

私の呼吸法気功の体験教室は、今から7年位前の時で、いまの体験教室と、内容的には同じですが、周りの様子が、少し違っていました。 何が違っていたかというと、呼吸法気功の教室が始まってから、あまり経ってなかったので、先輩のほとんどの人が、レベルが同じだった。ただ、元気な人と、ちょっと具合の悪い人が混ざっていた。だから、少しがんばると先輩にすぐ、追いつけるような気がしていた。

私は、長く、沖ヨガ教室に通ったり、自力整体教室に通ったりしていいて、沖ヨガも自力整体も、柔軟性や調和のとれた身体を作るのに非常に有効であると思っていたが、老いに対しては、スローエイジングであり、なだらかに歳をとるのは仕方ないと思っていた。

そんな私が、呼吸法気功教室に来て、衝撃を覚えた。60兆の細胞が若返る。細胞が若返るなんて、初めて聞いた。それからは、私は、呼吸法気功の虜になった。体験教室が終わるのが待ちどうしく、先輩達と早く一緒に呼吸法気功の稽古がしたいと思った。

そして、一般の教室に移ってからは、1週間に1度の稽古の日が待ちどうしく、早く1年が経てばいいとか、早く2年経てば、今より若返るとか、真剣に思っていたものでした。

そして、今7年目、若返ったかどうかは??? (謙遜!本当は実感しています。)とにかく呼吸法気功教室は楽しい、いやなことがあっても、楽しい。

 

群馬県 前橋市在住公立小学校 教頭 50歳代 Mさん

 

6年目、今の私の心身はかなり元気です。

群馬県 前橋市在住公立小学校 校長
50歳代 Mさん

 

身体にいいことをしない? と友達に誘われて、呼吸法気功の体験教室に参加しました。ビデオの中では、人が跳んだり、はねたり、叫んだりしています。実際の稽古場でも、先生との気の交流で、跳んだり、はねたり、廻ったりしている人が居ます。

先生の「気」についてのお話は、何となく腑に落ちるものがありました。よくわからないけど、やってみようと入会しました。でも、自分自身が変化していくとは、考えていませんでした。変化する、必要性も全く、感じていませんでした。

しかし、私の体には問題が大ありでした。(実はMさんの体はガンになる準備が表面化していた。)稽古が進むにつれて、問題は姿を現し、私がため込んだマイナスのエネルギー(身体に蓄積されたストレス)が排出されていく日々が始まりました。マイナスのエネルギーは、何年もかけて出て行きました。

6年目の今、私の心身はかなり元気です。「気」の稽古場で、跳んだり、笑ったり、叫んだりしています。

 

群馬県前橋市在住、50歳代 自営業 Tさん

 

若返った?
いつものおじさん私のこと解らない?


群馬県前橋市在住、50歳代 自営業 Tさん

 

私がこの呼吸法に入ったのは2005年でした。水戸黄門で有名なあの女優さんのようになれることを願い、4月に体験教室に行きました。

初めの一年くらいは、先輩の人たちが先生と気の交流「練気」をすると思わず笑ったり走りだしたりするのを、不思議な気持ちで見ていました。

ある日、いつかは忘れましたが、いつもと違い狭い部屋で教室がありました。いつもの広い部屋が取れなかったのでしょうか。それはわかりませんが、その時の気の交流「練気」で、おへそというかお腹の内側が暖かくなるのを感じました。

なんか違うのかな、と思うようになったのはそのころからかもしれません。現在は毎回「練気」のたびに「楽しい・楽しい・楽しい」と叫びながら走りまわっています。いつも家ではあまり言いたいことも言わず、聞いていることが多いので、その反動でしょうか、自分でも驚くほどおしゃべりになり、自分の口をふさぐことができず、「たのしい・たのしい・たのし~~~~~い」と騒いでいます。

最近あったおもしろいことを一つ。

近所のおじさんと久しぶりに会いました。私が仕事に通っていた時、いつも散歩しているそのおじさんに会い、挨拶を交わしていましたが、私が仕事を辞めたので、すぐ近所なのに、ほとんど顔を合わせることがありませんでした。そのおじさんが広報を持ってきたのです。久しぶりに顔をあわせました。が、どうやらそのおじさん、私のことがわからないらしい。私の顔を何度も見ては、「ここの奥さんですよね。」と私に聞きます。私は「はい、そうです。」と答えましたが、不思議そうに私の顔を何度も見返していました。そして「○○会社にお勤めの○○さんの奥さんですよね~」と再び尋ねる。「はいそうですよ!」と私。しかし腑に落ちないのか「すこしお年を召した方がいらっしゃいましたが・・・・」と聞いてきた。

「はい、はい、それです、それが私です。」と私。

はてさてこのおじさん、私が若返ったのでわからなかったのでしょうか。どう思って私のことを見ていたのかは確かめようがありませんが、面白い出来事でした。

 

群馬県高崎市在住 障害者施設勤務  50歳代 Hさん

 

私の体験教室

やってみませんか?私達と一緒に!


群馬県高崎市在住 障害者施設勤務 
50歳代 Hさん

 

私が呼吸法気功体験教室に始めて参加したときの事を、思い出してみました。

・呼吸法気功?呼吸に方法なんてあるのかな?・・・・。
・呼吸法気功体験教室の料金が安い!!
・個人的に、次に何かを始めるときには、先ず、3ヶ月、次に一年、そして、3年は続けてみようと、根拠もなく思っていたこと。

そして現在、「やっぱり、ありました。良い呼吸が・・・。」それは、「求める心」(本当は「求める衝動」と書いて「もとめるこころ」と読みます。)が有る限り終わりがないのですが・・・、何年経っても、基本稽古の型は変わっていない。他の習い事!?と言われることは、大抵、年数が経ったりすると、型が変わって、型に追われたり、技術に追われたりするのですが、この、呼吸法気功の型は、いつも変わりません。なんとわかりやすいことでしょう。始めてみませんか?

えっ何これ? 変じゃない? 不思議?

をほんの少しずつであれ、 もしかして・・・。や、なんだか気持ちいいな・・・。に変えてみませんか? 私達といっしょに!!

 

群馬県前橋市在住  会社員 50歳代 Kさん

 

私の体験教室

夫を亡くした自律神経失調症から回復


群馬県前橋市在住 会社員 50歳代 Kさん

 

私が呼吸法気功研究会の体験教室に参加したキッカケは、今から数年前、夫が突然、脳内出血で亡くなったことです。その後、そのショックで、不眠、脱力感、食欲不振になり、病院の診断は、自律神経失調症でした。しかし、いつまでも、薬に頼っている生活ではいけないと思っていたところ、地域新聞の呼吸法気功研究会の案内を目にしました。体験教室のビデオで有る女優さんが登場していましたが、若さの秘訣は、この、呼吸法だということを知りました。

そして、体験教室の時、私の目に映った、この会の会員の方々が、皆さん、姿勢が良く、若々しく、楽しそうでした。小学生から、80歳を超える方まで、楽しそうに呼吸法気功を習っています。その姿に感じるところがありました。

今では、私も健康になり、毎日を楽しく、暮らしています。皆さんもどうぞ!

 

群馬県前橋市在住 元小学校教諭 70歳代 Yさん

 

私の体験教室
 
80歳で、毎年若返りを実感!


群馬県前橋市在住 元小学校教諭 
80歳代 Yさん

 

私達は我慢の世代。今から30年くらい前、 当時、「ストレス」という言葉すら聞かれず、長い年月、「我慢」を重ね、「ストレス」をため込んで生きてきました。「首」、「肩」、「膝」の関節痛、「浮腫」、病院で「腎炎」、「結節性紅斑」「膠原病」等、病名がつきました。だんだん体はボロボロになりました。

あまりの、つらさに帰宅途中、鍼灸の治療を受けていました。そこで、「気・血の流れが滞るところに痛みが走る。」と教わりました。先生から、自分の体は、自分で養生しなさいと教えられ、中医学の本を読みました。「気」「血」「経絡」「ツボ」「陰陽五行」等、耳慣れない言葉と人体の不思議を知りました。「気」とは何なんだ。そんな時、生江有二著「気の力」が目に止まり、早速読みました。あまりの不思議さに驚き、益々、気について知りたいと思いました。東京、渋谷で、「西野流呼吸法」を指導している塾が有ることを知りました。

願いは叶う!!

今から、5年前。高碕の浜川公園で呼吸法気功研究会に出会いました。その、呼吸法気功教室を指導をしている先生は、十年来、群馬から東京の渋谷の西野塾に通い、西野先生からご指導いただいている方でした。その時、あの、どうしても、やってみたかった、「西野流呼吸法に出会えた!!。」と実感しました。

稽古に参加し始めた頃は、とらえどころがない感じ、で五里霧中でした。石の上にも三年、そのうち、何か手応えがあるのではないか!ととにかく、三年は続けてみようと決めました。二年と少し経ったくらいから、初めは手、次は足裏が温かく感じられ、時間の経過に伴って、首、肩のこり、腰、膝の痛み、が次第に改善されてゆきました。

40歳代の時より、目や脳、皮膚の等の機能の老化はありますが、あの昔の辛さから解放され、80歳を迎える、今の方が、ずっと楽な体の状態です。

今でも、年々若返り、体も良く動く様に成って行く、不思議は続いていますが、自分の体の状態が良くなるのは、自分が一番納得、しないわけに行かない事です。

「もう、私は呼吸法を続けてゆくしかないでしょう!!」。                    

もうすぐ80歳を迎える老女Y。

 

群馬県高崎市在住 Nさん 40歳代 助産師

 

始めて5ヶ月目腎臓病の私

今の私は元気です!


群馬県高崎市在住 Nさん 40歳代 助産師

 

私は40歳後半になってから疲れやくなりました。腎臓([紫斑性腎臓病)の持病もあり、ある程度の休養を必要とする体でしたが、4人の子供の受験や部活動の送迎など休む事など考えられない多忙な日を過ごしていました。仕事はパートで週に3~4日働いていましたが、休憩がほとんど取れない職場でした。ある日、玄関先で眩暈がして倒れてしまいました。それから自分の健康について本気で考えるようになりました。ちょうどその頃ネットで呼吸法を見つけました。なんとなく直感で続けられると感じたので体験を申し込みました。

平成20年12月先生が手漉きでしたので、呼吸法体験教室4回。午前午後で受けたので、2日間で終了。

家に帰ると、子どもが「ママどうしたの?かっこいい!」私は何が?とすぐに聞き返しました。「姿勢がきれい。立っても座っても背骨がまっすぐだよ」こんな感想、子供に初めて言われた気がします。なんだか嬉しい・・。

それから早5ヶ月経過しました。呼吸法気功教室で起きていることは、不思議な世界です。頭で考えても理解出来ない。体感で進歩を確かめていく世界です。廣川先生が教室で声をかけて下さる時、その言葉はとても意味があります。また私は廣川先生に質問が多いのですが、丁寧に答えて下さいます。とても感謝しています。

今の私元気です。呼吸法気功をまだ知らない時に前橋に仕事の研修で通い4日目に過労で倒れて入院しましたが、今では新潟に日帰りで運転して遊びに行けます。軽井沢に散歩にも出かけます。そして、何よりも7年間ウロペーパーで潜血3+でしたが、1+に、また尿蛋白2~3+が1+に改善されました。呼吸法気功を続けた成果です。仕事は週4~5日に増えました。順調です。

更年期を疑ったほどの体調の悪さは消えて、毎日が楽しくなりました。ここまでの流れには、体に蓄積されたストレス(マイナスのエネルギー)の放出で苦しい時もありました。その時は廣川先生に電話をして乗り切る事ができました。先生と丹田でつながると(遠隔外気療法)体が楽になりました。ストレス(マイナスエネルギー)の放出の仕方は、人それぞれ違うとの事です。私は腎臓が弱いので下肢に浮腫みが出ました。両手にも浮腫みが出ました。ある時は鼻がつまったり、頭痛が出たりしました。楽な道ばかりではありませんが大丈夫乗り切る事が出来ます。

まだまだこれからですが、あせらずに呼吸法気功教室をマイペースで続けて行こうと思います。はじめ。このHPに書いてある内容が、よくわからない部分がありましたが、身体で体験することで、よく理解出来るようになりました。呼吸法気功教室の皆さんと会う事も楽しみの1つです。

廣川先生いつもご指導ありがとうございます。これからもよろしくお願い致します。

 

群馬県前橋市在住 元会社員 70歳代 Sさん

 

私の体験教室 

稽古場は不思議な気の力が展開!!


群馬県前橋市在住 元会社員 70歳代 Sさん

 

呼吸法気功教室の体験教室に参加した時の印象です。長年の会社勤めを退職して、毎日が日曜日にならないようにと、健康志向を目指し、楽しく続けられる方法を考えていたところ、呼吸法気功研究会の体験教室の案内が目に、とまりました。以前より、気功に関心があったこともあり、早速、申し込んだのが始まりでした。

体験教室、第一日目に、先生の説明を聞き、ビデオで気の力による人の動きを見ていましたが、その時、その、後方では、先輩会員の人達が、気の交流により、楽しそうに走る人、飛び跳ねる人、大笑いをする人、今まで経験したことのない全く不思議なことが起こっていました。

これが気の力なのかと半信半擬でしたが、自分が、自分の目の前で現実に見ている光景なので、信じざるを得ませんでした。呼吸法気功の体験教室の一ヶ月の後、正式入会し、以降、4年間続けていますが、今でも不思議なことが、次々と起きています。健康増進には、勿論、病気や不調の方もどんどん、回復しています。毎月、入会できる呼吸法気功研究会の体験教室を先ずは、お勧めします。

 

群馬県 前橋市在住 公務員 50歳代 Hさん

 

私の体験教室

始めて5年、当時の目標が現実に!


群馬県 前橋市 在住 公務員 50歳代 Hさん

 

呼吸法気功研究会の体験教室に参加してはじめに思ったことは、先生がとても自然に楽しそうにしているので当時、人生の節目で、疲れ、落ち込んでいた気持ちがとても救われたことでした。呼吸法気功教室の稽古を続けていたら先生みたいに毎日楽しそうに、過ごせるようになれるのか?と思いました。そして周りの人たちも和気あいあいとした感じで気持ちが和やかになりました。呼吸法気功のことだけでなく、教室のその場の雰囲気というのもとても大切なことと思いました。

初めは呼吸法気功教室の先輩の皆さんの、動きを真似しながらやってみました。呼吸法気功の方法論では、全身呼吸は最初は息を吸うとすぐいっぱいになってしまいましたが、息継ぎを適当にしてもかまわないと教えていただき気持ちも楽になり、基本稽古をしたあとは身体全体が気持ちよくなりました。また気の交流、「練気」は、人が気を受けて走ったりする姿を見てすごいと思いました。よく後から、呼吸法気功教室の皆さんに聞くと対気で人が走るなんて信じられなかったと言われましたが、私はどういうわけか、不思議ではあるものの、信じられないわけではなく、自分も皆さんのように動けたらいいなと思いました。実際に教室で、気の交流「練気」をしてもらい、身体が自然に動いたときは、とてもうれしく気と言うものが確かにあるのかもしれないと感じました。

 また、呼吸法気功教室の稽古を一緒にしている人たちが皆親切で、よい人ばかりなので稽古場にいてとても楽しく気持ちよく稽古の日が楽しみになりました。

 そんな気持ちで飛び込んだ呼吸法気功の世界ですが、気がついたらもう少しで5年になります。今は始めたときの希望や期待は、現実のものとなっています。そしてさらに生命エネルギーである気を、深く身体で実感でき、毎日が楽しく充実した日々を過ごしております。

 呼吸法気功を始めて良かったと思いますし、今日まで続けてこられて本当によかったと思います。

 

気 呼吸法 体験教室 に参加する

 

お問い合わせ

ご相談・ご質問・お問い合わせ  体験教室/呼吸法 気功療法のお申し込み お急ぎの方はお電話で!TEL:027-289-9854

各クラス共 7名