呼吸法 気功研究会

廣川流呼吸法でフレキシブルでパワフルな身体・慢性病の回復を!

廣川流呼吸法

〒371-0047
群馬県前橋市関根町1-8-12
TEL:027-289-9854

 

HOME»  呼吸法(気功)体験談

呼吸法(気功)体験談


 
 

私達は呼吸によって生命エネルギーを産成(生み出して)生きています。この事は私達の「生きる営み」にとって大変大切な事です。この事なしに私達は、感じ、動き、考えること、つまり、生きることはできません。しかし、私達の多くは食べ物や、水を飲むほど呼吸を重要視していないのではないでしょうか?理由は、呼吸をする事が「あまりにあたりまえ」の事だからです。しかし、私達は今や呼吸を促進するサプリメントを活用する時代に生きています。コエンザイムQ10、aリポ酸、ATP配合・・・等々。これらは、ミトコンドリアが食す酸素や生み出すエネルギーの原形となる物質です。これらを体外から補充しても、結果は知れています。というのは私達の身体のエネルギー発電所といわれるミトコンドリア自体が私達の心身の影響を受け、老化し、活性がトーンダウンしてしまっているため、呼吸の力もトーンダウンしてしまっているからです。このミトコンドリアをみずみずしく活性が高いものに蘇らせる事が元気で、活動力があり様々な能力を発揮する身体をつくるコツです。私達の呼吸法は、「基本動作」と「生命エネルギーの交流」でミトコンドリアの活力を取り戻し、全身にある60兆個と言われる細胞に、若返りの力を与えます。そして、これらのメソッド(方法論)を学ぶ場が、呼吸法教室です。
 

 




いい呼吸は自然にできるものではありません。呼吸は無意識的には延髄の呼吸中枢でコントロールされています。しかし呼吸を支えている筋肉は骨格筋ですから、意識で動かす事のできる随意筋です。呼吸法を学ぶとは目的意識的に、呼吸により、生命エネルギー(気)をめぐらす事によって、自らと向き合い、生命エネルギー(気)の交流でさらにミトコンドリアの活性を高め、全身60兆個あると言われる全身の細胞の呼吸(生命エネルギーの産成)をレベルアップする事。だから、身体が生命エネルギー(気)に満たされ身体が活力に満たされるのも当然のことです。   ここでは、私達の呼吸法を学ぶ事で生命エネルギー(気)の産成がレベルアップをし、身体の初期的な変化を体験した何人かの方に登場いただき、その様子をレポートしていただきましょう。

INDEX

※不定愁訴からの回復



 

1.Kさん 50歳代 フラワーショップ店長 群馬県高崎市在住

※上記住所氏名欄をクリックすると、詳細にジャンプします。

 
結婚後25年、家事、育児、仕事を手抜きなしで体調を 崩す… 呼吸法 気功教室の稽古で体調を戻し、元気な毎日が・・・。

 

2.高崎市在住、Kさん、 40歳代

※上記住所氏名欄をクリックすると、詳細にジャンプします。

 
不眠症で2年6ヶ月安定剤なしに眠れなかった私が呼吸法 気功教室で稽古をしたその日から眠れた!!… 。

 

3.榊田紀伊子さん 群馬県高崎市在住 主婦

※上記住所氏名欄をクリックすると、詳細にジャンプします。


 「呼吸法 気功教室に通い始めて」心と体が軽やかになり、人間関係も順調に。

 

4.高崎市在住 Nさん 40歳代

※上記住所氏名欄をクリックすると、詳細にジャンプします。

 

2年前に、なんとなく、だるい、肩が凝る、等の未 病人からの脱出を決意。呼吸法 気功教室の稽古で、体調が良くなり、気付くと「ムチウチ」の症状もなくなる。

 

5.安中市在住 Sさん 40歳代

※上記住所氏名欄をクリックすると、詳細にジャンプします。

 
呼吸法 気功教室の稽古で背中や肩の痛みやだるさが消え、1年を過ぎる頃から、いろいろな事に、興味が出て、ちょっとした事に楽しさを感じる自分に変化を感じる。

 

※病気と怪我からの回復

 

6.Kさん 50歳代 群馬県高崎市在住 会社員

※上記住所氏名欄をクリックすると、詳細にジャンプします。

 
仕事上のストレスで帯状ヘルペスを発症。呼吸法 気功教室の稽古開始と共に…

 

7.Tさん 30歳代 ケアマネージャー

※上記住所氏名欄をクリックすると、詳細にジャンプします。

 
悪性の卵巣ガンが消える。呼吸法 気功教室の稽古を始め大泣きする度にすがすがしい気持ちと身体に元気が

 

8.Yさん 70歳代 元小学校教諭

※上記住所氏名欄をクリックすると、詳細にジャンプします。


瀕死の転落事故をしたはずなのに、1ヶ月後には回複…呼吸法 気功教室に通い体が変わる。

 

9.群馬県前橋市在住 造詣教室 主宰 入会6年目 関口清子さん 59歳

※上記住所氏名欄をクリックすると、詳細にジャンプします。

 
エー!痩せの私が(160cm、45kg)の私が[糖尿病」に?!
この2年ほど、私はさわやか検診(前橋市の健康診断)に行っていなかったので、近所の主治医の先生から検診をするようにと連絡があり、夏の教室が終わってから、すぐに伺うお約束をし、医師のところへ飛んでいった時のことである。
健康指導値を通り越して完全に病気で、まだ初期だから、食事療法をするように・・・。とエー?!野菜食の多い私が・・・? 振り返ってみると、私は、休養らしき事をしていなかった・・・。

 

10.群馬県 前橋市在住 団体職員 Kさん

※上記住所氏名欄をクリックすると、詳細にジャンプします。

 
高さ3mのロフトから転落、全治7ヶ月の診断が2ヶ月弱で退院!呼吸法ってスゴイの巻。

 

11.匿名希望 安中市在住 Kさん

※上記住所氏名欄をクリックすると、詳細にジャンプします。

 
2003年初めくらいから、現在の医学では、治療困難とされる、電磁波過敏症と診断され、藁をもつかむ思いで呼吸法 気功教室に通いはじめる。初めての稽古で元気が出て、これで治ると確信、電磁波過敏症を克服する。

 

※若さと活動力が蘇る

 

12.Hさん 年齢50歳代 群馬県前橋市在住 公立病院勤務 管理職

※上記住所氏名欄をクリックすると、詳細にジャンプします。

 
呼吸法 気功教室に通い、わずかな期間で姿勢が良くなり、子供の頃からの不調 も回復し、元気な毎日が・・・。

 

13.前橋市在住 公務員 55歳のHさん

※上記住所氏名欄をクリックすると、詳細にジャンプします。

 
呼吸法 気功教室に通い始めて3年、元気になり、自分をかけがえのない存在と思えるように。

 

14.前橋市在住 元会社員 Sさん 67歳

※上記住所氏名欄をクリックすると、詳細にジャンプします。

 
呼吸法 気功教室に参加し、心身共に若返り、今までにない、様々なことを経験。

 

15.匿名希望 Hさん 50歳代 群馬県前橋市在住

※上記住所氏名欄をクリックすると、詳細にジャンプします。


呼吸法 気功教室に通う事で、58才で准看護学校に入学し、20代の若者達を相手に 98人中23番の成績で卒業 

 






体験を書く前に、この呼吸法 気功 教室で私を元気に変えてくださった先生、呼吸法(気功)に巡り合わせてくださった方に感謝いたします。
<4月2日>
西毛教室入会しました。最初の練気はすごい緊張です。練気をしましたら足の震えです。足が震えだし、少しの間止まりませんでした。ちょっと怖い1日目でした。
<4月9日>
始まりの礼、宗教的かなと思いながら稽古の始まりです。腰が痛かったので先生に気を入れてもらいました。膝のところがザザーっと波が通り抜けてゆく感じがし、それと同時に痛みが無くなりました。帰りの車の運転の時、眠くて困りました。私は不眠症で、ここ2年6ヶ月安定剤がないと眠れませんでしたが、この日を境に寝付きも良くなり、ぐっすり眠れるようになりました。 呼吸法 気功 教室って凄い。
<6月11日>
先生のエネルギーを感じ、2m位離れた距離で先生と自分の手が糸電話の糸みたいに、ぴーんと繋がっています。
<6月29日>
3回目の呼吸法 気功教室の合同稽古です。先生との練気 気の交流のあと、少しほっとした気持ちになりました。 少し合同稽古に慣れたかな。
<7月12日>
中毛教室のパワーは凄い。この日、呼吸法 気功教室全体から熱を感じました。丹田に手をあてていると内蔵がブツブツと言っていて、気持ちよいのか?それとも怒っているのか? 先生が稽古時そばを通り過ぎて行くと、春の暖かいそよ風が顔をフワーと触ってゆく感じです。
<7月19日>
先生との練気、丹田の中に気を入れて爆発させる?全身が伸びる感じで内蔵が外に向けて飛んでゆき、嫌なことも一緒に飛んでゆく・・・。凄い快感です。この日一緒に入っているテナントさんの一人に会いました。「kさん、どうしたの?前と全然違うし,若くなったね。どうしたの?」と言われました。」この方とは6カ月ぶりです。呼吸法 気功 教室に通い始める前と、少し違うらしいです。
<8月2日>
何年かぶりで、汗をかきました。夏でも汗をかけない私でしたが、今年の夏は違いました。代謝が良くなって嬉しい。私はフラワーショップに勤めていますが、1年で一番忙しい母の日には、毎年体力が続かないのとで点滴を打ちながら仕事をしていましたが、今年は何もなく終わりました。この分だとお盆さんも大丈夫だと確信し、また、体が軽く気持ちがよい疲れにくい体になってきました。前の私が嘘みたいです。先生本当にありがとうございます。
<10月4日>
先生と上級者の方の練気はドラゴンボールの世界です。ドラドンボールの元気玉が私のところにも飛んでき来ました。二人の気がぶつかり合って、私もボワーボワーと波みたいな雲みたいな気を感じることができました。 強靱な先生と優しい先輩、仲間の指導のもと、呼吸法 気功 教室で呼吸法 気功を学び、もっともっと変わる自分を発見。





 

 

呼吸法 気功教室に通い始めて」心と体が軽やかになり、人間関係も順調に。
呼吸法気功教室に通い始めて丸3年経ちました。最初に知ったのは、某スポーツクラブに体験入会したときに偶然体験しました。最初の準備体操がヨガやエアロビなどに比べてとても楽な動きなのに、体がよくほぐれて気持ちが良かったのを憶えています。後半の気生命エネルギーの交流「練気」を初めて見たときは正直びっくりしました。自宅に戻っても体がとても軽く感じ、エアロビなどの後のような倦怠感を感じませんでした。そのまま続けたかったのですが、当時まだ子供が小さく時間的に難しかったのであきらめました。しかし程なくして呼吸法のことを話していた友人が浜川公園での公開練習を地域新聞で見つけ、一緒に参加しました。やはり体に合うと思い、また参加可能な練習日もあった為、友人と共に入会しました。年月を重ねるごとにいろいろな変化がありました。体は10kg以上産後太りしていたのですが、他には何もせずに半分くらい戻りました。体の動きも軽くとても楽になりました。先日、友人たちと話していたのですが、一番変化したのはメンタル面です。スッキリ軽くなりました。以外な変化だったのですが、……数年前に、長患いをしていた母が亡くなり、続いて出産、会社も退職しまわりの環境が大きく変化し、出産直後に体を壊すなどがたて続けに有り、子育ての中、知らず知らずに精神的にいっぱいいっぱいになっていました。子供との関係も行き詰っていました。しかし呼吸法を始めてから段々と心が軽くなり、気持ちにゆとりがでてくるのがわかりました。おかげ様で子供との関係もとても良くなりました。外での人間関係も煩わされることが少なくなったように思います。家庭生活やまわりの環境も以前と比べると平和で落ち着いています。この呼吸法気功教室と出合えたことにとても感謝しています。最近は「華松」という体操中に突然体がふわっと軽くなり幸せな気持になります。とても不思議です。

 

 

 
結婚後 25年、家事・育児・仕事を手抜きなしでこなし体調を崩す。

 
夾雑物の放出と共に元気になり、五感がだんだん研ぎ澄まされる。

 
私 がこの呼吸法(気功)に出会ったのは、コナミスポーツクラブに先生が呼吸法(気功)を教えに来ていたので、以前にも気功(中国気功です)を習った事があり、また、同じような気功かなと思い、あまり興味を持たなかったので、たまに参加したくらいでしたが、いつも先生が呼吸法(気功)の前に呼吸法(気功)の 本を読んで説明をしてくれたのでだんだん興味を持つようになり、この呼吸法(気功)をやってゆくと若くいられると、細胞のミトコンドリアが元気でいられる とのことなので挑戦してみようかなと思い、真面目に取り組みました。
私は結婚してから25年くらいずーっと共働きをしておりました。子供のこと、 主人のこと、仕事のことと一人三役を手抜きなしで完璧に願張ってきまして今から4年前に体調を崩してしまい、精神的にも、肉体的にも疲労がピークになって しまい仕事を主人に辞めるように言われ、自分でも人間関係に疲れて気持ちが一番落ち込んでいました。気分転換にスポーツジムに行ったら気功のプログラムが あり、参加してみていぜんの中国気功とはちょっと違うかなと思い興味を持ち自分でも本を数冊読み、この呼吸法(気功)の素晴らしさと奥深さを体感してゆき ました。最初の練気をしているのを見たときは、「やらせ」かなと思いました。私は何も感じないし、どうしてだろうと思いました。でも、毎日練習をして、 毎週先生に練気 気の交流をしていただいているうちにだんだん感じるようになりこの呼吸法 気功 教室での呼吸法 気功は素晴らしい呼吸法 気功であり、この呼吸法気功を永く続けていたら、今より精神的にも、肉体的にも強固な身体でいられる様な気がします。練習をする中で一年半くらい経過した 時に、突然。呼吸法 気功教室が終わり、家に帰ったとたん、肩が痛くなり、手も上がらないし、背中も痛いし、寝返りも打てない状態になり、2,3日我慢をしましたが、どうにもならなくなり、先生に電話をしみしたら、今、東京にいるので遠隔でパワーを送るから身体の力を抜いて電話口にいなさいとのことなので、いわれるままにしていました。するといくらか楽になりましたが、それから1週間くらいは大変でした。今思うと、あれは何だったんだろうと不思議に思います。先生は私 が人生でがんばった分、身体にストレスがもたらす夾雑物をため込んだので細胞のミトコンドリアが元気になったので、体の外にその、夾雑物を出すために現れた 現象だと教えていただきました。私は今までの人生を人一倍努力し、我慢をし、いろいろなことに耐えて完璧主義にやってきたため、人より夾雑物を放出する チャンスが多いのだと思います。でもそれは、良いことであり、放出しないで体の中に残しておく方が良くないことを知り、この呼吸法 気功 教室を知り本当によかったとおもいます。この4月で、丸3年が経過いたします。
以前より元気になり、先生がこの呼吸法 気功をしていると、五感が研ぎ澄まされるとお話くださるけれど、私も本当にそう思います。直感力は増し,懸賞クイズや、コンサートのチケット等が良く当たります。これもプラスアルファの部分可も知れません。
  これも不思議なのですがたくさん食べるのですがほとんど太りません。この呼吸法 気功 教室は私にとって無くてはならない健康法を実践する場だと思っておりますし、廣川先生もますますパワーアップされるし、私達を更なるパワーアップへと導い てくださると思い、これからも毎日の呼吸法 気功 教室での稽古で、元気な老後があるかと思うと嬉しくなります。今後も廣川先生よろしくご指導お願いいたします。乱筆乱文お許しください。

 

 




 

 
自力健康法」
2年前に、なんとなく、だるい、肩が凝る、等の未病人からの脱出を決意。体調が良くなり、気付くと「ムチウチ」の症状もなくなっていた。

 

こ の呼吸法 気功教室に入ったきっかけは、なんとなくだるい肩がこる等の未病人からの脱出を決意した時、約二年前のことです。初めはこんな簡単な体操で?!と思いましたが、約一時間体操した後は頭はすっきり目もぱっちり、すがすがしい気分になっている自分、「これいいな~」そんな感じで続けてみることにしました。
人 間の体は正直だなと思いました。だんだん体調が良くなってきて気がつくとむちうちの症状もなくなっていました。しかし良いことばかりではなく、人それぞれ “変調”がやってくるようです。良くなる前に毒を出すような感じで熱が出たり、以前病気をしたところが痛みだしたり等、一日又は数日でぱあっーと嵐が来て 去っていく感じです。最初はとまどいもありましたが、段々と健康になる前の儀式のようで不思議とうれしさを覚えてきました。
昨今様々な健康グッズ、ダイエットフーズが世に出回っていますが、そんな物を必要とする体にしたのはだれなのか? 他でもない自分自身、時間はかかるけど毎日少しの時間でもいいから続けてやってみる。自分の健康に責任を持たせてくれた呼吸法との出会い、感謝しています。

 

 
背中や肩の痛みやだるさが消え、1年を過ぎる頃から、いろいろな事に、興味が出て、ちょっとした事に楽しさを感じる自分に変化。

 

今、 この呼吸法 気功教室に出会えたことにとても感謝しています。呼吸法 気功を始めて3年半になろうとしています。始めた頃の私はといえば、背中や肩の痛みやだるさなど毎日不調を感じて生活していました。最初は基本動作をして いるだけで、気持ちが悪くなり座り込むといった状態で、 気の交流 練気をしてもなにがなんだか、本当にわかりませんでした。半年ぐらいから痛みは変らな いのですが、疲れづらくなり元気に動けている自分がいました。先生から「この呼吸法 気功は細胞レベルから身体が活性する。そして何をしても楽しい身体 に、生きているだけで楽しいと感じる身体になるよ。」その言葉を聞き、本当だろうか、半信半疑。でも、そんな身体になれるのなら、と、その言葉を信じて稽 古していました。1年過ぎてから自分の中で少しずつ変化があり、いろいろな事に興味がでて、ちょっとした事でも楽しく感じている自分がいました。もしかし たら、この事なのかなっと思えるようになってきました。それと同時に、身体の痛みもなくなっていました。それでも、毎日の生活の中で自分で作ってしまうマイナスエネルギーや今まで生きた分だけのマイナスエネルギーが身体から出す為とてもつらい時もありました。今もまだまだあります。でもそれ以上に、毎日が ワクワクする気持ちで生活できている事がとてもうれしいです。「身体の知」を捉える事とはどんなものか、まだまだよくわかりませんが、稽古を続けてすこし でも近づけたらと思います。最後にこの呼吸法 気功教室に出会えた事,ご指導してくださる廣川先生に心から感謝しております。ありがとうございます。
 

 


 
仕事上のストレスで帯状ヘルペスを発症、この呼吸法 気功 教室の稽古開始と共に、身体に様々な良い変化を実感。

 

呼吸法(気功)研究会に入会して1年半になります。折り込み広告にて廣川先生の写真より感じるものがあり、申し込みをいたしました。
3 年ほど前に、左顔面と頭部に仕事上の人間関係のストレスから、帯状ヘルペスを発症、当時は、半年くらい仕事も出来ない状態でした。色々と自然治癒力を高め る方法で、表面的には、何とか治って来ましたが。自律神経の経路は完全に抜けず首筋の張り、のどの詰まり、胃炎、腎臓の痛み等は残っていました。呼吸法 気功 教室に通いを始めて間もなく、身体に様々な変化が起きてきました。先ず、喉の詰まりが3回目位の稽古でとれ、その後、半年程で、腸が活性化してきたので しょうか、1日中ガスがでたり、欠伸が出たりしているうちに、胃の痛みもなくなったのです。又、1年が経過した頃、廣川先生の練気を受けると、上半身のみ {カッカ}とあつくなり、なんでこんなに上半身のみ熱くなるのか?と思っていたとき、気がついたのです。以前病院で動脈硬化測定をしたことがあり、その 時、下半身の血流は良く、上半身は平均値より硬化度が高かったのです。次々に溜まっている夾雑物が身体から出され、ある時は1週間くらい基本動作が出来な い程、腰が痛む事がありましたが、不思議とどの症状も短期間に消えてゆきました。お陰様で(悪いときは、白血球3250/cm3)免疫も上がり(現在 4500/cm3) 仕事で県外に車で出張しても疲労感もなく、行動力もアップして、呼吸法(気功)をするのが楽しくなってきました。地球上の動物、植物、生命のあるもの皆、
呼吸をしていますが、人間のみ、呼吸を変えることが出来ル唯一の生物であると言うこと、意識的に呼吸を変えることができ、身体を細胞レベルで変化させる事が出来、生命エネルギーを向上させ、不可能を可能にしてゆく可能性を秘めていると実感しています。  
これからもパワフルな身体と心の健康美を勝ち得るために。日々稽古に励んでゆきたいと思います。
益々、呼吸法(気功)研究会が、発展しますよう、心お祈りいたします。

 


 
悪性の卵巣ガンが消える。大泣きする度に、すがすがしい気持ちと身体に元気が・・・

 

 
なぜ、この呼吸法 気功 教室で稽古を始めようと思ったか?初めて見てどのような変化があったか?
これを機会に考えてみようと思います。
呼吸法 気功 教室に通い始めた直接のキッカケは病気になったことでした。
昨年9月に、卵巣ガンの手術をしました。その後の病理検査で、ガンの種類が進行の早い、良くないタイプなので、1月に再手術をしましょうということになりました。
すぐ、抗ガン剤の治療が始まり、あまり深く考えることなく、受け入れました。
し かし、抗ガンの副作用が、とてもきつくて、こんな事、続けていたら、病気になっちゃう(本当に病気だったんですけれども。)と思い、結局、途中で中止する ことになりました。1月の手術もやめることにしました。医師はずいぶん手術を勧めてくれましたが、最後には、私の意見を、尊重してくれました。
それが昨年の12月のことです。家に帰ってきて、なにか体にいいことを始めようと思っているとき、ちょうど広告に呼吸法 気功 教室が載っていました。
1月から高崎で始まるとのことで申し込みました。

 
初めて呼吸法 気功 教室で稽古をしたときの印象は・・・?
とにかく、冬で暖房がなかったので、寒くて寒くて、というのが一番心に残っています。
そ の中で先生は、とても楽しそうに華松をしていて、私は「そんなことしていて楽しいのかしら?」と思いつつ一緒に華松をしていました。なんだかわからないと いうのが、最初の思いだったと思います。でも、先生が稽古の始めや、終わりにしてくれる話は不思議とよくわかる事が多く、呼吸法 気功 教室で、稽古を少し長く続けてみようと、考えていました。
変わってきたと思ったのは、1月の末に部屋に一人で居たとき、なんだか涙が出て、大泣き したときです。別に悲しいわけではなくて、体も温かくなってきて、涙が出ました。その時、「私、これからも生きていける。」と感じられました。医師には、 今度、再発したら、治ることはないと言われていた。(ほぼ間違いなく再発しますと念を押され)(そんなこと念を押さなくてもいいと思いますけど)ていたの で、私は生きる気は十分あったのですが、それでも、この先、生きてゆけるのか、時々、不安に思っていました。
そんな思いが、涙になって外へ出ていってくれたのか?泣き終わった後、本当にすがすがしい気持ちでいっぱいでした。
呼吸法 気功 教室の稽古場の方も、冬から春へ季節が移るに従って、だんだん暖かくなり、来ているメンバーも、私自身も暖かくなっていきました。1月の末に起こったことが、4月と8月にもありました。そのたび元気になって行くようです。
<気>というものもはじめはよくわからなかったけれど、稽古を続けていくうちに、だんだん、感じられるようになりました。
9 月に長野の飯綱高原へ遊びに行ったとき、手が温かくしびれるようなかんじになりました。体がとても気持ちよくて、ここにいい<気>が、たくさんあるんだな と思いました。泊まっていたところのオーナーに話すと、「ここに来るとそういってくれる人が多いんですよ。この前もネイティブ・アメリカン人たちが来てと てもいい気があるからと儀式をしてくれたんですよ。」と教えてくれました。
私自身も良い<気>を感じられる体になってきたようです。
今年の9月で、術後1年たちました。良くここまで元気になったと家族は言います。
すべて呼吸法(気功)おかげとは考えていませんが、大きな意味があったんだと思います。 私は人生で起こることに偶然は無いと思っています。病気になったのも必然。この呼吸法 気功 教室と出会ったのも必然だったんです。
そう考えると、私のガン細胞さえ、愛しいと思えるようになりました。
これから先、私の心と体がどう変わって行くのかとても楽しみです。


 

 
暗がりの、仕上がっていない階段(高さ約80センチ)から、前のめりに転落。気絶し、大けがをしたが、約1ヶ月後、怪我を知った知人が御見舞いに来たときにはすでに回復していた。

 
私はこの呼吸法 気功教室に通い初めてこの春(平成19年)で4年になります。
去 年の12月、夕方の暗がりで、上から3段目までしか、仕上がっていない、階段の4段目を踏んでしまいました。下がアスファルト舗装の約80センチの高さ から前のめりに転落し、気絶し、大怪我をしてしまいました。息が吸えない状態で、我に返り、整形外科に連れて行ってもらいました、胸部、腹部、上肢、下 肢、手首とレントゲンを撮りましたが、骨折はありませんでした。担当医から「年齢からいっても、転落状況からいっても、骨折や内臓破裂ないのは奇跡だ。な にかやっているのか?」と聞かれました。「呼吸法 気功をやっています。」と答えたら、納得のいかない様子で、うなずいていました。
首から上以 外、全身打撲、内出血で黒紫のアザが、入れ墨状態で、関節部分は、特にひどい浮腫、全身が激痛で引きつり、身の置き場のない、地獄の苦しみを味わいまし た。そして4日後、やっとの思いで、先生に電話をし、ぐんま武道館の道場に息子に連れていってもらいました。稽古は出来る状態ではないので、通気をしても らい、年明けからは、痛み止めを飲みながら、呼吸法(気功)の稽古のある日は毎日、稽古に通いました。そして、怪我から1ヵ月が経過する頃、知人が私の大 怪我を知ってお見舞いに来てくれましたが、腰が少し痛む位で、後はすでに回復していました。
私の友人が、公園を散歩していて足を障害物に引っかけ、転倒し、3ヶ月を経過したのに、まだ歩けずにいることと、比較すると、こんなに早く回復できたのは、呼吸法(気功)のおかげで、身体の細胞の再生の力が、高まった為ではないかと思います。 
そ して、こんなこともありました。この怪我のさらに4ヶ月くらい前、テレビを見ながら、ハサミで焼き海苔をきざんでいたら、テレビに気をとられ、ハサミで、 左手の指先を切ってしまいました。すぐに救急バンを貼り、家事を続けました。入浴後に貼り替えをと思い、救急バンをはがしたところ、傷口はすでについてい ました。そして、翌日、もう一度、傷口を見たら、傷口は、きれいに治っていました。
以上、痛くて、不思な体験でしたが、呼吸法(気功)のおかげでの身体の変化だと思います。
今後、この不思議さが納得できるよう、呼吸法(気功)の稽古に励んでゆきたいと思います。勿論、痛い目には、遭わないで楽しく呼吸法 気功 教室の稽古をしながらです。



 


 


造形教室 主宰 入会6年目 関口清子さん 59歳

 
エー!痩せの私が(160cm、45kg)の私が[糖尿病」に?! この2年ほど、私はさわやか検診(前橋市の健康診断)に行っていなかったので、近所の主治医の先生から検診をするようにと連絡があり、夏の教室が終わってから、すぐに伺うお約束をし、医師のところへ飛んでいった時のことである。 健康指導値を通り越して完全に病気で、まだ初期だから、食事療法をするように・・・。とエー?!野菜食の多い私が・・・? 振り返ってみると、私は、休養らしき事をしていなかった。 次 から次へやってくる用事に振り回され、教室の仕事も忙しかった。特に6,7、8月と造詣教室の工作に続き、学校を通して公募に出す子供たちの「絵」に取 り組んでいた。おまけに、まだ、更年期の後半、教室で集中して教えているとひどい汗をかき、着替える間もなく冷房にさらされる。夏休み後半、教室の授業を していながら、力が抜けていく感じがして、自分でも危険を感じていた程だった。 やっと終わった夏休み、私の脳は燃え尽きて、すっかり炭化してしまった感じ。押し寄せるどうにもならない疲れ、だるさ、気分の落ち込み、痩せ、手足のしびれ、空腹感、これらは皆、糖尿病の症状ではないか ?! そして寝つきの悪い日々。 一 人では、とても乗り切れないと思い、呼吸法の教室の廣川隆志先生に相談に乗っていただき、ついでに愚痴まで聞いていただくことになりました。呼吸法 気功教室の先生の力強いアドバイスにより、9月は数多く呼吸法 気功の教室に通い、何度かの電話による、遠隔気功で気を送っていただきました。 大変申し訳なく思ったのは、夜中の12時半に涙ながらに寝ぬれないと訴えたこと。 朝駈け、夕がけの友人に帰ってくださいと言えなかったこと。明日は一日仕事の日だと思いつつ・・・。 ヤレヤレ。 呼吸法 教室の廣川隆志先生に大分お世話になりながら、20日後、病院で再び検査すると、なんと、1.2ポイントも数値が下がっているではないか?! 糖尿病は治りにくいと本に書いてあったのに20日まえの数値どころか2年前の検査数値より下がっているではないか?! 早速、呼吸法 気功の教室の先生に報告をすると「そんなの簡単だよ!原因を身体から、除けばいいんだよ。」 と言いました。 主治医は「いかにストレスが病気を作るか解ったね。」と言いました。 友人は「そんなの誤診よ!」と言って、呼吸法 気功の話には乗ってきません。 私は呼吸法 気功をやっているから、休みなしでも大丈夫、病気なんて大丈夫と過信しないで、あわただしい生活の中でも、ゆったりした時間が必要だと、身につまされる思いで、居ります。 呼吸法 気功教室の廣川隆志先生大変、ありがとうございました
これからも稽古を積み、さらに、体の若さを蘇らせて行きたいと思っています。
この、呼吸法教室との出会いを感謝しております。







 
 


 


群馬県 前橋市在住 団体職員 Kさん。

 
平成5年11月私は、仕事での作業中3mの高さからのロフトから、はしごが外れ、転落してしまいました。
手で押さえるスタイルの簡易はしごでしたので、スルスルと滑ってロフトから外れ、何故か、落下しながら、はしごの枠にお尻がスッポリと挟まった状態で転落しました。
その時、はしごの丸太で腰椎を強打し、身体に激痛が走り、悲鳴とうめき声が、部屋中に響き渡りました。

 
救急病院へ搬送され、診断結果は、腰椎の四番が粉々に砕け、あと、1mmで神経を傷つける状態でした。
医師から、足にしびれが出たら手術を行う旨を告げられましたが、私は、救急車の中で、痛みをこらえながら、呼吸法 気功の全身呼吸をやってみたら、「ああ、呼吸が通る 大丈夫!」という不思議な安堵感がありましたので、自然治癒で行こうと、心が決まりました。

 
入 院中は、週に2度ほど、呼吸法 気功教室の廣川先生に病院へ来ていただき、外気療法を受けました。絶対安静で身体を動かす事も出来ない状態にもかかわらず、毎日、快食、快便で、便秘知ら ずの、毎日でした。腰椎下部を傷めると、便秘や下痢に悩まされる人が多いのに、これも呼吸法 気功のおかげか?と思いました。
入院時には、体を、動かすことが出来なかったのに、いつも快便で、また、体が、ポカポカと温かった事も不思議でした。

 
怪我は全治7ヶ月の診断が下されましたが、回復も非常に順調で、50日(二ヶ月弱)で退院し、他の病院へリハビリ入院が決まっていましたが、そのまま、退院し仕事に復帰し、ギブスと杖を使い、呼吸法 気功教室の稽古にも復帰しました。

 
退 院当時、腰を反らすことも出来なかった背骨も今では、私なりのイナバウアーが出来るまでに快復致しました。退院後六ヶ月で、金比羅様の階段を自分の足で上 まで、上がることが出来。一年半後には、スペイン旅行にも行くことができました。命を失っても不思議でない高さからの、転落事故だったのに、呼吸法 気功教室の廣川隆志先生本当にありがとうございます。

 
ここまで、回復するには、痛みとの闘いでしたが、私の経験させていただいた、「驚異的な怪我の快復力」は気 生命エネルギーの力が大きく働いた結果だと思います。
これからも稽古を積み、さらに、体の若さを蘇らせて行きたいと思っています。
この、呼吸法教室との出会いを感謝しております。

 





 


 
2003年初めくらいから、現在の医学では、治療困難とされる、電磁波過敏症と診断され、藁をもつかむ思いで呼吸法 気功をはじめる。初めての稽古で元気が出て、これで、治ると確信、電磁波過敏症を克服する。
 

 
電 磁波過敏症とは化学物質過敏症と同じとは言い切れませんが、かなり共通した部分があるようです。英語ではElectrical SensitivityとかElectrical Hypersensitivityなどといわれており、微弱な電磁波(電場または磁場)をあびることで頭痛、胸痛、めまい、吐き気、あるいは発作を起こし て倒れてしまうなど化学物質過敏症と同様の症状を起こしていることが報告されています。

 
住んでいたアパートが非常に電磁波が強く、住み始 めて3年目に発症。現在の医学では治療は困難とされていますが、あらゆる家電製品、携帯電話、電気を使うものほとんど全てに反応するようになってしまい、 普通の生活が出来なくなり、何か改善する方法があるはずと思い探していたところ、2004年4月に気功(呼吸法)と出会いました。わらをもつかむ思いでし た。初めは気功というもののイメージがあまりわかず、どんなものかわからなかったのですが、とりあえず浜川運動公園での屋外稽古に参加しました。その頃 は、毎日起きていることさえ苦痛で、毎日の頭痛、めまい、少し何かすると疲れ、運動することも不安がありましたが、屋外稽古は体がリラックスしてとても気 持ちよく、これは普通の運動と何か違う。これなら続けられると思い、その後すぐに入会しました。
まず、稽古のときにとても手が冷たくなり、これは 何だろう?と思いましたが、自分の体に何か良いことが起きているんだと思いました。その後は、眠気。稽古をした日はとても眠くなりました。きっと今までは きちんと眠れていなかったのでしょう。そして、初めての練気をした後に体が物凄く元気になったのを感じました。これで元に戻る!その時にそう思いました。 その後は元気になる一方でした。
ひどいときは蛍光灯の下にさえいられず(電磁波で頭痛がひどくなる)、真っ暗闇で家事をしていたあの頃がうそのようです。今ではPCも大丈夫になりました。
現在、呼吸法 気功 教室に通いはじめて3年が経ちました。病気になる前よりも元気になっているので、先日何年ぶりかに会った友達に今までで、今が一番健康そうに見える。20代の頃よりも。と言われました。顔のむくみも取れ、別人だねと言われました。嬉しい限りです。
また、体が元気になると色々なことにチャレンジする気力も湧いてきました。本当に若い頃のように、色々なことに興味を持ちそれをやることが楽しくて仕方が有りません。
そして、気功(呼吸法)に出会えたこと、それを指導してくれる先生に出会えたことをとても感謝しています。これからもよろしくお願いします。

 

 



 


 

わずかな期間で姿勢が良くなり、子供の時からの不調も回復、様々な身体の変化を体験。
 

私 はこの呼吸法 気功 教室に通い初めてまだ1年7ヶ月ですが、始めてから、いろいろな変化を感じています。まず、周りの人から姿勢が良くなったと言われるようになりました。以 前は姿勢が悪く、自分でも気になっていましたが、直そうと思ってもまったく効果がありませんでした。それが稽古を続けているうちに自然と良くなり、自分で 鏡を見てもわかるようになりました。
 

良い姿勢で歩いていると、とても気持ちよく一日がさわやかになりました。これもとても 気持ちの良い変化です。また、子供の頃に蓄膿症にかかるなど、鼻の通りが悪かったのですが、稽古を始めてから半年くらい経つ頃から、稽古の後など、新鮮な 空気がどんどん鼻から入ってくるようになりました。これはとても気持ちの良い変化です。このように身体が変化するにつれて、気持ちも落ち着いてきて、以 前は日常の中ですぐに緊張するほうでしたが、いまはリラックスする事ができるようになりました。また、呼吸法 気功 教室に通い初めてしばらくして、朝起きて鏡の前に立っているとき、写っている自分を見ると、何か楽しそうな顔になっていて思わず笑ってしまう事が良くあり ます。それから、花粉症に毎年悩まされていましたが、今シーズンは飛散量が少ないとはいえティッシュが手放せる様になり、今までのような苦しみから解放さ れています。
また、私はお酒を飲みに行くのが好きですが、飲んだ後の二日酔いには、いつも悩まされていました。最近では翌日に残らず、朝飯もお昼 もおいしく食事ができるので驚いています。こういった身体の変化はとても精神的によい影響を私に与えてくれると思います。以前は年齢と共に身体が動かなく なり、ちょっと暗くなっていましたが、いまでは、こうした身体の変化を感じているので、一年後はどのように変わっているのかなと楽しみです。それから、人 と接する事が楽しくなりました。これは稽古の中で練気をする事で、一緒に稽古をしている人たちと自然と気の交流ができているのかなと思います。 私はこの呼吸法 気功 教室に出会って、人生が変わりました。人生ってすばらしいものなんだなと実感しています。これからも稽古を続けて、自分の身体で変化を感じつつ、この呼吸 法 気功 教室を続けていきたいと思っています。

 

 

 



 
呼吸法 気功 教室に通いを始めたキッカケは、当時、パワーダウンしていた身体を感じていたからです。それが、稽古と共に、どんどん元気なり、今、仕事に、趣味に、人生を楽しんでいる自己が誕生しました。

 

呼吸法 気功 教室に通い始めて3年、元気になり、自分をかけがえのない存在と思えるように。

 

こ の呼吸法気功教室に通い始めてから3年が経ちました。呼吸法 気功に出会え、そして続けて来られて、本当に良かったと思います。何と言っても身体が変わ り、元気になれたことが何よりうれしいことです。そして身体が元気であるということで、考え方も変わり、自分をかけがえのない存在と思えるようになりまし た。それまで、身体があまり丈夫でなく風邪もひきやすい方でした。そうしたことは気持ちにも影響し、そんな自分を以前はあまり好きではありませんでした。 他と比較し、自分の至らないところばかりが気になり、自分を否定的にとらえることが多くありました。それが呼吸法 気功 教室で稽古を続けるうちに、どんどん身体が変わっていくことを実感していきました。
あるとき、稽古の後、新鮮な空気が身体の中にすごく入って来る のを感じましたが、それは、今では日常の中でも度々感じられる様になっています。冷え性だった身体が温かくなり、疲れにくくなって、食事も毎回美味しく食 べられます。良い呼吸をすると、たくさんの酸素が、身体に入り、それが身体の隅々にまで行き渡り、そして一つ一つの細胞が元気になり、その元気な細胞に支 えられ、身体が、元気になるという事を、頭ではなく身体で、文字通り、身をもって感じる様になりました。そして、今生きている自分はほかにいない。その様 な、自分を大切にしたいと、強く思える様になりました。今、年齢は55才ですが、呼吸法 気功 教室を始めた、3年前の自分より、身体も、気持ちも若く、元気に居られることを、とても有り難く思っています。そして未来に希望を持ち、自分への強い肯定 感に支えられている今、さらに、これからの人生を呼吸法 気功 教室でしっかり稽古をして、積極的に生きて行きたいと思っています。

 

 


 



 
心身共に若返り、今までにない、様々なことを経験。

 
心身ともに若返る

 
私 の入会のきっかけは、永年勤めた会社を5年前に退職し、毎日が日曜日となり、体がなまらないよう健康を維持したいと思い、以前より関心のあった[気の力] を感じてみたいと考え、中国気功や気功太極拳を3年程教わりました。その頃、呼吸(気功)研究会の呼吸法 気功教室ことを知り、体験教室を経て入会しました。
入会してから2年3ヵ月が過ぎました。
この呼吸法 気功 教室廣川先生の気についての説明や、稽古の指導を受け毎日楽しく続けています。
始めの頃、先輩方の稽古を見たときは、練気 気の交流によって元気良く走り出す人、大声で笑う人等、やらせとも見える信じられない不思議な動きをしていました。
呼吸法 気功 教室に入会後3ヵ月位の頃から自分が走るようになり、何かに動かされ、体が反応していました。これこそが[気の力]なのだと感じました。
この呼吸法 気功 教室の稽古を続けてきて変ったと思えることをいくつかあげてみます。
○普段の生活での呼吸が変わり、深い呼吸ができるようになった。
○体が柔らかく、軽く感じられる。
○風邪をひかなくなった。
○花粉症が改善された。
○血管年令の若返りがみられた。(次回検査結果に期待)
○思わぬ人から電話があったり、懐かしい人が不意に尋ねてきたりした。
他にも偶然と思えることが何度か起こりましたが、偶然はなく全て必然だと先生が話されていたことを思い出しました。
今では、体の若返りを感じています。更に今後どのような効果が出るか楽しみです。
この呼吸法気功 教室での稽古は、誰でも年令に関係なく出来ること、稽古の後はさわやかで楽しいこと、マイペースで出来ること等、
続けていれば必ず効果が現れると思います。
呼吸法 気功を続けることにより、60兆個ある細胞の活性化によって、気のエネルギーに満ちた若々しさを蘇えらせると言われる素晴らしい方法だと思います。
体調不良の人も、健康を維持したい人にもこの呼吸法 気功 教室の体験をお勧めします。

 

 


 
58歳で准看護学校入学、ハードスケジュールの中、呼吸法 気功 教室に通い、気のパワーで20歳代の若者達を相手に、互角以上の成績で卒業、58歳の青春を実感。(98人中23番、うち10人リタイア)と言う成績。

58歳の青春
 
 
温 熱灸施術者の資格を持っていたので、いつか機会があったら専門的に看護学を学びたい・・・と漠然と、心に思い描いていました。家族の応援もあり、一念発起 し、准看護学校を受験し、入学することが出来ました。しかし、数十年ぶりの勉強なので、机に向かうと腰が痛く、又、夜遅くなると、目がショボショボして、 字が読めなくなり、体力的に自信をなくしていました。そのようなとき、呼吸法(気功)の教室があることを知り、即決で入会させていただきました。2年生に なると病院実習が始まり、睡眠時間3~4時間で病院へ行く日が続き、かなりのハードスケジュールでした。しかし、このような状況下でも、毎晩、寝る前に、 「基本動作」の稽古をしました。すると、高ぶった神経が緩み、熟睡することが出来ました。ところが、呼吸法の稽古の時間を惜しみ呼吸法(気功)をしないで 就寝すると、寝付かれず、疲労したまま朝を迎えてしまいました。「あぁ~あ やっぱり呼吸法 気功を稽古してから寝ればよっかった・・・。」と後悔ばかりしていました。、
睡眠を十分とれない上、疲労により、抵抗力が落ちているにもかかわらず。風邪を引くこともなく、約8ヶ月の病院実習を終えることが出来ました。その後も呼吸法気功 教室の稽古でパワーをいただき、何とか学校を卒業後、資格試験にも合格させていただきました。
成績も自分が思っていた以上の結果を、出すことが出来ました。
呼吸法 気功 教室との出会いがなければ、体力的に続けることが出来ず、中退していたと思います。これからは、呼吸法(気功)を通し、又、学んだ看護学を活かして。温熱灸施術者として働いてゆきたいと思っています。
 




 

お問い合わせ

ご相談・ご質問・お問い合わせ  体験教室/呼吸法 気功療法のお申し込み お急ぎの方はお電話で!TEL:027-289-9854