呼吸法 気功研究会

廣川流呼吸法でフレキシブルでパワフルな身体・慢性病の回復を!

廣川流呼吸法

〒371-0047
群馬県前橋市関根町1-8-12
TEL:027-289-9854

 

HOME»  やってみよう呼吸法気功

やってみよう呼吸法気功

私達、人間という存在の呼吸

私達、人間という存在の呼吸

 

私達の「生きるという営み」 それは、ときには淡々として、ときには大変アグレッシブに展開していきます。この生きる営みの展開を身体のレベルから支えているのが「呼吸」なのです。人間は呼吸と食物によって気生命エネルギーを生み出し

て生きています。少し厳密に言えば、人間をフィジカル(身体的)、生物学的に生かして居るのは、食物と呼吸です。しかし、食物も最終的には呼吸によって、細胞中のミトコンドリアによって燃焼させ、全身の活力となり、血となり、肉となるのです、ということは、人間は生理学的、生物学的に呼吸によって生きているともいえます。ここで、生理学的、生物学的にと言ったのは、人間は単に生理学的、生物学的に生きているだけの存在ではないことを確認したかったからです。人間は「人間という存在」として今を生きているのです。人間という存在とは「自分というかけがえのないもの」と言うべき自己(身体)を誰でも持っているということです。その、「かけがえのなさ」が、呼吸法気功の稽古を実践すると、その稽古の進捗のプロセスとして現れ成長して来ます。
それは、先ず、あくまで、自然の中で呼吸する身体の心地よさとして言葉を超えて実感します。そして、さらに、稽古が進むと、重なる様にして、私達、人間の脳と言語の作ったバーチャルリアリティの世界と言うべき「社会」の中で生きている様々なしがらみの重さを超えて実感するでしょう。残念ながら、私達人間は、純粋な現実の中だけで生きる事は出来ません。純粋な現実とは、「今、ここで、生きている」ということだけです。それ以外は多かれ、少なかれ、仮想現実「バーチャルリアリティ」の世界です。つまり、私達の頭脳が作り上げた世界だということです。
そして、「今、ここで、生きている自己が真にかけがえのないもの」となるには、足ることを知りながら、現実を創造できる、フレキシブルでパワフル身体(自己)が必要です。」 この、フレキシブルでパワフルな身体から、フレキシブルでパワフルな人生がにじみ出る様に展開して行きます。それは、呼吸法気功によって培う事ができるのです。
さらに、稽古が進み、自分という個体(小宇宙)を呼吸法気功によって身体的に完結しえたとき、自己(小宇宙)を包み込む大宇宙が身体の中に現れて来ます。この、大宇宙とは、宇宙に遍満するエネルギーであり、素晴らしい心地よさ、感動と共に強力な生きる力を身体にもたらしてくれます。自己(個)とは個を超える普遍(宇宙)に包まれて、はじめて、個(自己)本来の「かけがえのなさ」を発揮することができるのです。この、自己の「かけがえのなさ」のバックグラウンドは宇宙(普遍)だったのです。この、「自己のかけがえのなさの拡がり」を捉える事が呼吸法気功の稽古の楽しさでもあります。良い呼吸をする事、それは、大変、楽しいことです。それは、「生きる楽しさ」とも重なって行きます。ゆったりと、時を忘れて呼吸や呼吸法の動作をしばらくの間、繰り返してみましょう。きっと、呼吸する自己(身体)の心地良さが、少しずつ、実感、出来るようになるでしょう。私達、呼吸法気功研究会では、この楽しさを、生きる楽しさを 「基本動作」と気の交流「練気」によって実現するメソッドを展開しています。

 

やってみよう呼吸法

やってみよう呼吸法

 

やってみよう呼吸法では、私達、呼吸法気功研究会の呼吸法気功教室で行っている身体を緩める呼吸法、稽古前半の「気生命エネルギーを巡らし緩める呼吸法」約50通りのうち、基本中の基本となる、2つの動きを動画でご紹介します。
先ず、初めにご紹介するのは、「華松」。長い期

間行われて来た、伝統的な動作でもあり、身体を緩めるうえで、基本的な動きともなるのが、身体を捻ることによって緩める華松です。ここでの、この動作は、従来行われて来た動きと意識のポイントが異なりますので、中国気功を経験した方は、特に、ご注意ください、この動作は身体の軸方向の生命エネルギーの循環を促進し、エネルギー循環のいい身体をつくります。
二つめにご紹介するのは、「全身呼吸」です。この動作は全身に呼吸による、生命エネルギーを巡らしながら、生命エネルギーを創る力自体を高めます。先ず、全身をゆったりとリラックスさせ、ゆったりとした気持ちで、ひと呼吸を、一分から一分半くらいの時間をかけてゆったりとおこないます。この時、苦しくなったら、身体の中を巡らしているものを吐かないようにして息継ぎはおこなってください。
身体を捻らせながら緩める「華松」を10~15分、全身にエネルギーを巡らせ緩める「全身呼吸」を10~15回を目途に毎日行ってみてください。身体がだんだんリフレッシュしてエネルギッシュになって来るのが、実感出来るでしょう。

 

やってみよう 華松1

 

(この動画は表示されるまで、多少のお時間がかかる場合がございます。ご了承くださいませ。)
身体を捻り、緩める「華松」では、「華松」の動きを三つに解析してお伝えします。一つ一つの動きはシンプルですので。先ず、「華松1」そして「華松2」さらに「華松3」と動きの要素を加

 えながら稽古をおこなってください。
先ず、やってみよう 「華松1」 を見ながら、イメージを重ねて、動作をおこなってください。
先ず、立ち方です。足を肩幅に開き、足の内側のラインが平行になる様に立ちます。膝、腰、全身がリラックスした状態に成るように立ちます。次に、お臍の下、下腹部一体(丹田)を意識します。
手を腰の後ろ側に軽く組みます。
丹田(お臍の下、下腹部一体)から動かす意識で身体をゆったりと、背骨を軸にして捻ります。
このとき、呼吸はゆったりと、鼻から吸って口から吐く自然呼吸でおこないます。

やってみよう 華松 2

 

「華松2」では、立ち方、呼吸の仕方、(丹田)を意識して(丹田)から動かすようにして、身体を捻るのは「華松1」と同様です。ここでは、さらに背筋を自然に伸ばし、頭のてっぺん(百会)が天から吊られる様なイメージで。身体をゆったりと捻ります。

 

やってみよう 華松 3

 

「華松3」では「華松1」「華松2」の動きに加え、後ろに組んだ手をぶらーんとしながら、「華松1」の(丹田)を振る。「華松2」の背筋を立てる。動きをしながら自然に上体が雑巾をしぼった時の様に、ぶらーんとした手の動きを加えながら、上体の捻れる様な動きを加えます。「華松

 3」は三つの動きの組み合わせ動作です。繰り返して習得しましょう。

やってみよう 全身呼吸1

 

やってみよう全身呼吸1、2、では気生命エネルギーを生み出す力をつける全身呼吸を二つの動画をつかってご説明します。やってみよう全身呼吸1では、先ず、両足を肩幅に開いて、足の内側のラインを平行にします。そして、膝、腰をリラックスし、自然体で立ちます。手は気生命エネル

ギーの誘導をする位置にいつもあるようにして、リラックスさせながら移動します。そして、百会から足心に向かって気生命エネルギーを誘導するときは、手を軽く反らせる様にします。先ず、気生命エネルギーのおおもとお臍の下、下腹部一体(丹田)を意識します。意識した(丹田)から、足の裏、(足心)に脚の中を気生命エネルギーを吐き下ろす様なイメージで、口から息を吐きながら、ゆっくりと前にかがんでゆきます。床に手をつくまで前にかがみながら、(丹田)から足心へ3回。床に手をついた状態でさらに3回ゆったりとイメージで(丹田)から(足心)へエネルギーを吐き下ろします。次に足の裏(足心)から丹田まで脚の中をイメージで気生命エネルギーを吸い上げてゆきます。「実際は鼻から吸っている」(丹田)まで吸い上げたら、軽く息継ぎをして「吸い上げたものは、吐き出さない」尾骨の先、又は肛門から背骨の中をゆっくりと、頭のてっぺん(百会)まで、気生命エネルギーを吸い上げます。「実際は、鼻から吸っている」頭のてっぺん(百会)まで、気生命エネルギーをイメージで吸い上げたら、そこで一旦止めます。

 

やってみよう 全身呼吸2

 

頭のてっぺん百会から、吸い上げたエネルギーをイメージで顔の前面を通して(丹田)「お臍の下、下腹部一体」に下ろします。手は自然に上にピンと張らずに軽くたわんだように伸ばした状態から、吸ったエネルギーを(丹田)に下ろした時に肩の高さに移動します。この時、手は軽く反ら

 します。そして、(丹田)から息をイメージで、3回吐きますが、この時、手はゆっくりと下方向にゆっくり移動します。さらに、息は(丹田)から足心に向かって3回吐き下ろします。この時、上体をゆっくり前に、かがむ様に、します。2回目の息が吐き終わる頃、手は床に付く様にして、3回目の息をはき下ろします。

気呼吸法気功療法の対象になる方やお体に不調をお持ちの方へ。

華松、全身呼吸を行うと全身の生命エネルギーの循環が活性化されます。活性化した身体は好転現象として、痛み、腫れ、かゆみ、発熱などが起こし、身体を不調から好転させる現象が出る場合があります。

きつい現象の出る方は、この、呼吸法気功の導入をあまり、せっかちにならず、少しずつ増やす様に行いましょう。

 

お問い合わせ

ご相談・ご質問・お問い合わせ  体験教室/呼吸法 気功療法のお申し込み お急ぎの方はお電話で!TEL:027-289-9854